ネット婚活で成功するポイント〜自己紹介の書き方

男性の自己紹介の書き方にはコツが必要です。

 

女性の見る目には特定の傾向があって、ヘタをすると裏目裏目に出てしまう場合が多いからですね。どういった文章を書けばいいのか、どれくらい書けばいいのか、そのコツをまとめてみましょう。

 

長文OK!

もちろんただダラダラとした長文はNGですが、きちんと自分を伝えようという気持ちが伝わって来る長文は、むしろ女性的にはOKです。反対に、短く一言書いたほうが男らしいだろうなどと思うと大間違いで、女性は「この人本気じゃない」と判断してしまいます。

 

読みやすいように1文1文は短めに、「。」できちんと改行するなどの心配りも良いですね。
スマートフォンで見ても読みやすいことがポイントです。

 

常識のある文章を

自己紹介ですから、基本的な形式は決まってきますよね。あまりセオリーから逸脱したものはNGです。他の人と差別化しようなどと奇をてらうのも婚活においてだけは止めておいたほうが良いでしょう。何故なら女性は結婚相手には社会的な常識を強く求めるからです。

 

自分が普段どのような仕事をしていて、休みの日にはどんなことをしているか、好きなスポーツ、音楽、本、映画など趣味について、将来どんな夢を持っているかなどなど。

 

一見して当たり前の内容ですが、これが実は一番無難です。

 

個性を入れるなら、例えば好きな映画について、「先日○○を観て思わず胸が熱くなりました」というような感想を挟むと良いでしょう。
同じ趣味の女性であれば、話をしてみたいと思うかもしれません。

 

マイナス、ネガティブ、甘えは厳禁!

正直なのは良いことですが、「あがり症です」とか「人見知りが激しいので」などといった人を寄せ付けない雰囲気を書くことはやめましょう。

 

また、背の高い女性とお付き合いをしたいなら、自分のほうが甘えるような雰囲気もマイナスにはたらく確率が高いです。「今度○○に連れて行ってほしい」などといった、相手に主導権を渡すような言い回しにも気をつけておきましょう。