婚活サイトの使い方

婚活サイトをはじめて使う場合には、数ある婚活サイトの中から自分の気に入ったサイトを探す必要があります。各社ともいろいろなスタイルがありますので、ひとつひとつじっくり見比べていくしかありません。

 

婚活サイトの使い方について概要をまとめてみましょう。

 

婚活サイトにも種類がある

まず、婚活サイトにも種類があることを知っておいたほうが良いでしょう。

 

大きく分けると、自分が主体的に会員の中から相手を探す自主型、専門のアドバイザーが付いて相手を探してくれるアドバイザー型、パーティを開くことを中心とするパーティ型、婚活している会員の情報を掲示するだけの掲示板型の4つがあります。

 

どれが自分の性格に合っているのか、どの方法が成功しそうか、まずは考える必要がありますね。

 

基本は会員制

婚活サイトを使うには、まず最初にそのサイトの会員になって、自分の個人情報を登録する必要があります。これは、身元を確認するためでもありますし、本当に本気で結婚相手を探しているかどうか意志確認をするためでもあります。

 

反対に、こうした登録がいい加減なサイトはかなり怪しいですね。
自分がアプローチする相手がどういった人なのかわからないようでは、怖くて声もかけられません。

 

月額と成功報酬

費用としては、会員としてサイトを利用する場合の月額制と、相手が見つかって結婚することが出来た場合の成功報酬とがあります。

 

会員が自分主体で活動するサイトの場合には、成功報酬は発生しないケースもあります。
料金設定は各サイトでマチマチですので、最初にしっかりチェックしましょう。

 

自分をアピールしつつ相手を探す

婚活サイトを使うには、会員登録をして同じく会員となっている人の中から気になる人にアプローチするか、パーティやイベントなどで気になる相手を見つけるというのが基本的な活動です。

 

ただし、勘違いしてはいけないのは、自分は選ぶだけの立場ではなく選ばれる立場でもあるということ。つまり、自分自身の魅力もしっかり発揮する努力を怠ってはいけないということですね。